映画「恋は雨上がりのように」が2018年5月25日から公開されます。

眉月じゅんさんの漫画を映画化した作品となります。

アニメにもなっていますね。

45歳の冴えないファミレス店長に片思いした17歳の女子高生の恋の行方を描く作品となっています。


ということで最初、女子高生向けの映画なのかと思いましたが、

おじさんの願望を表現する作品なのかもしれませんね。


さて、出演者ですが、

ファミレス店員を演じるのが 大泉洋さん。

女子高生を演じるのが小松菜奈さん。

ここでは、映画「恋は雨上がりのように」のロケ地について調べました。


元々、横浜が舞台になっている作品ということで、

ロケ地も横浜がメインとなっています。

原作の方も横浜出身の方ということですね。

横浜だけでなく千葉、埼玉、東京もロケ地になっています。



スポンサーリンク

恋は雨上がりのようにの横浜のロケ地は?

映画「恋は雨上がりのように」の横浜のロケ地はどこでしょう。

能見台駅

横浜の能見台駅です。

2017年11月19日に目撃証言が多数あります。

ということで横浜の能見台駅がロケ地となったようです。

氷取沢高校

横浜市磯子区の神奈川県立氷取沢高校もロケ地になっています。

2017年の11月16日と17日に小松菜奈さんが目撃されています。

港南台さえずりの丘公園近くの道路

予告編で題名が出た時に小松菜奈さんが走っているシーンがありますが、

港南台さえずりの丘公園近くの道路ということです。

こちらのようです。

ジョナサンみなとみらい店

予告編に登場してた初告白シーンのファミレスはジョナサンみなとみらい店ということです。



スポンサーリンク

恋は雨上がりのようには川崎もロケ地に

恋は雨上がりのようには川崎もロケ地になっています。

元住吉

原作のファミレスは、元住吉のガストの新川崎明津店がモデルということのようです。

映画でも元住吉がロケ地になったようですね。

元住吉のブレーメン通り商店街というところがロケ地になったようです。

恋は雨上がりのようには埼玉もロケ地に

恋は雨上がりのようには埼玉もロケ地になっています。

埼玉県立大宮工業高校

埼玉県立大宮工業高校もロケ地になっています。

風見沢高校の内観のロケ地になったようです。

恋は雨上がりのようには東京もロケ地に

恋は雨上がりのようには東京もロケ地になっています。

新田神社

東急多摩川線武蔵新田駅に近い新田神社。

こちらもロケ地になったようです。

2017年11月27日に撮影とのことです。

高塚橋

高田馬場駅近くにある高塚橋。

こちらもロケ地になったようです。

川は神田川ということです。

恋は雨上がりのようには千葉もロケ地に

恋は雨上がりのようには千葉もロケ地になっています。

我孫子市

我孫子市にあるレストランのステラがロケ地になっています。

もう閉鎖されて営業していないレストランなのだそうです。

場所は、千葉県我孫子市布佐785。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

映画「恋は雨上がりのように」のロケ地を調べてみました。

舞台が横浜ではないかといわれていますが、

やはりロケ地も横浜が多く、川崎、埼玉、東京、千葉でも撮影をしているということです。



スポンサーリンク