映画「ランペイジ巨獣大乱闘」が2018年5月18日から公開されます。

巨大化した動物が暴れまわる映画となっています。

怪獣ものが好きな方は、ぜひ観に行きたい映画ですね。


映画「ランペイジ巨獣大乱闘」は面白いのか?つまらないのか?

評判や評価が気になるところです。


またこの映画は、ランペイジ というゲームがベースになっているようですが、

どのようなゲームなのかも調べてみました。

あらすじ、キャスト、スタッフも調べています。



スポンサーリンク

ランペイジ巨獣大乱闘のベースになるゲームのランペイジとは?

映画「ランペイジ巨獣大乱闘」がベースとなるランペイジとは、どんなゲームなのでしょう。


ランペイジは、バリー・ミッドウェイの 1986年のアーケードゲームです。

ゲームのプレイヤーは軍隊の攻撃に対して生き残ろうとする巨大なモンスターをコントロールしていきます。

このような感じのゲームです⇒ゲームのランペイジ

ということでモンスターを倒すゲームなのではなく、

モンスターを動かしていくというゲームのようです。

ランペイジ巨獣大乱闘のストーリーは?

映画「ランペイジ巨獣大乱闘」のストーリーはどんな感じでしょう。


最新の遺伝子の実験の失敗により、普通の動物たちが突然、進化し始めます。

ゴリラ、オオカミ、ワニなどが巨大化して、凶暴化し、

陸、海、空とおかまいなしに街で破壊や乱闘をしていきます。

人類がどう立ち向かうのか?というストーリーになっています。



スポンサーリンク

ランペイジ巨獣大乱闘のキャストやスタッフは?

キャストはどうなっているでしょう。

主役のデイビス・オコイエを演じるのは、俳優でプロレスラーでもあるドウェイン・ジョンソンです。

こちらは日本語で映画を宣伝しています。

映画では、人類代表として巨獣たちに立ち向かっていきます。

吹き替え版では、楠大典さんが担当しています。


その他のキャストはこのようになっています。


ケイト・コールドウェル博士 : ナオミ・ハリス(本田貴子)
クレア・ワイデン -: マリン・アッカーマン(深見梨加)
ハーベイ・ラッセル -: ジェフリー・ディーン・モーガン(若本規夫)
ブレット・ワイデン -: ジェイク・レイシー(高木渉)
バーク -: ジョー・マンガニエロ(三宅健太)


スタッフはどうでしょう。

監督はブラッド・ペイトン監督

原案は、ライアン・イングル。

脚本は、ライアン・イングル、カールトン・キューズ、ライアン・J・コンダル、アダム・スティキエル

音楽は、アンドリュー・ロッキングトン

ランペイジ巨獣大乱闘は面白い?つまらない?評判や評価は?

ランペイジ巨獣大乱闘は面白いのか?つまらないのか?評判や評価が気になります。

試写会に行った方の評価です。

面白いという方が多いようです。

迫力があって面白そうですね。

まとめ

映画「ランペイジ巨獣大乱闘」は、2018年5月18日から公開されます。



スポンサーリンク