2018年の4月13日から公開されている「パシフィックリム: アップライジング」

この映画は、2103年に公開された「パシフィックリム」の続編となります。

尚、「パシフィック・リム」は、2018年5月11日の金曜ロードSHOW!でも放送されます。

ここでは、「パシフィック・リム」と「パシフィック・リム: アップライジング」が面白いのか?つまらないのか?

など評判や評価を調べてみました。



スポンサーリンク

「パシフィック・リム」は面白い?つまらない?評判や評価は?

まず2013年公開の「パシフィックリム」は面白い?面白いのか?つまらないのか?評判や評価はどうでしょう。

こちらの作品ですが、非常に人気のある映画で、

当時、面白いという方ばかりでした。


ロボット対怪獣という戦いになりますが、

このジャンルの作品としては、最高峰という評価を下している方も多いです。


また、監督が日本のマンガや特撮映画やロボットアニメにとても影響を受けている方なので、

日本へのリスペクトが凄く感じる映画と評判でした。

怪獣映画が好き、ロボットアニメが好きで、

「パシフィックリム」を見てない方はぜひご覧になってみてください。

[Blu-ray] パシフィック・リム

価格:1,949円
(2018/5/10 19:18時点)
感想(0件)

ちなみに監督は、ギレルモ・デル・トロ監督

1964年10月9日生まれの5月11日の53歳で、

メキシコの方です。


また、この映画には、菊地凛子さんや芦田愛菜さんが出演しています。



スポンサーリンク

パシフィックリム: アップライジングは面白い?つまらない?評判や評価は?

では、今年4月13日から公開されている続編の「パシフィックリム: アップライジング」は面白いのか?つまらないのか?評判や評価はどうなっているでしょう。


こちらですが、今回は監督が変わっています。

スティーヴン・S・デナイト監督です。

今回の菊地凛子さんが出演。

他に日本人では、千葉真一さんがお父さんで山崎賢人主演の「ドドメの接吻」や映画「ちはやふる」にも出演していた新田真剣佑さんも出演しています。
(⇒新田真剣佑の性格は天然?きもいとは?本性も気になる)


では、評判や評価はどうでしょう。

SNSで見てみます。

文化芸術遺産に登録すべきという評価の方もいました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

パシフィックリムも続編のアップライジングもとても評判や評価の高い映画となっています。

パシフィックリム1の方は、2018年5月11日の金曜ロードSHOW!でも放送されます。

アップライジングの方ですが、現在(2018年5月10日)はまだ公開中ですので、

金曜ロードSHOW!を見た後、映画館に行かれてみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク