映画「のみとり侍」が2018年5月18日から公開されます。

時代劇コメディの作品で、

主演は阿部寛さん。

その他、イケメン俳優の齊藤工さん、元AKBの前田敦子さん、朝ドラの秋風が話題の豊川悦司さん、明石家さんまさんの元奥さんの大竹しのぶさん、寺島しのぶさん、笑福亭鶴光さん、風間杜夫さんなどが出演するなど、

豪華キャストになっています。

また、福本莉子さんが映画初出演。
(⇒福本莉子の性格は?彼氏や血液型もチェック!)
監督は「後妻業の女」などの鶴橋康夫監督となっています。

ここでは、のみとり侍のロケ地をご紹介します。



スポンサーリンク

のみとり侍のロケ地は京都太秦の東映撮影所?

のみとり侍のロケ地ですが、京都の太秦の東映京都撮影所が使われています。

太秦の映画撮影所は、京都市右京区太秦に存在する映画スタジオです。

東映京都撮影所になったのは、1951年ですが、

撮影所としてオープンしたのは、1925年(大正14年)という歴史のある撮影所です。

尚、東映京都撮影所の一部を分離して一般公開ところが東映太秦映画村という映画のテーマパークになっています。

京都に観光に行かれた方は、寄られてみていかがでしょうか。

東映太秦映画村のホームページ

初めての映画出演になる福本莉子さんがこのようなコメントを出しています。

京都の太秦での撮影はまるで異国に来たような感じで、太秦に着いたらかつらをかぶり、着物を着るというルーティーンが今までにない経験だったので毎日とても新鮮でした。

昨年の9月や10月に太秦映画村に阿部寛を見かけたという人が多くいます。

京都の太秦がメインの撮影所ということのようです。

尚、京都駅などでも阿部寛さんんを見かけた方は多いようです。



スポンサーリンク

のみとり侍は滋賀もロケ地に

のみとり侍は、京都の太秦だけではなく滋賀もロケ地になっています。

滋賀では、八幡堀がロケ地になっています。

八幡堀は、造られたのが戦国時代。

滋賀県近江八幡市にある人工の水路です。

町は八幡堀の水運によって発展し、近江商人をうんでいます。

滋賀の八幡堀も時代劇のロケ地としてよく使われます。

とても素敵な場所ですね。

のみとり侍は滋賀の西教寺のロケ地に

のみとり侍は滋賀の西教寺もロケ地になっているようです。

西教寺は滋賀県大津市にあるお寺です。

とても歴史のあるお寺で、飛鳥時代の聖徳太子によって建てられたと言われています。

ただこれは伝説の域をでないものと言われているようです。

西教寺には、明智光秀の墓もあります。


尚、西教寺は映画「本能寺ホテル」のロケ地となっています。

綾瀬はるかさんのシーンがあったようですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2018年5月18日に公開される映画「のみとり侍」のロケ地について調べてみました。

メインが京都の太秦の撮影所で、

滋賀の八幡堀や西教寺でも撮影がされたということです。

時代劇のファンや阿部寛さんがんのファンはぜひ映画だけでなく、

ロケ地のほうにも行ってみたいところですね。



スポンサーリンク