映画「ピーターラビット」が2018年5月18日から公開されます。

映画「ピーターラビット」には、原作はあるのか?吹替声優は誰か?

キャストや監督は誰か?

面白いのか?つまらないのか?評判や評価も調べています。



スポンサーリンク

ピーターラビットの原作は?

映画「ピーターラビット」の原作ですが、ビアトリクス・ポターによるイギリスの名作絵本「ピーターラビット」が原作となっています。

ピーターラビット絵本贈り物セット(24冊セット) [ ビアトリクス・ポター ]

価格:18,360円
(2018/5/8 18:15時点)
感想(9件)

120年の絵本ですが、現在でも世界中の人々から愛される大ベストセラーの絵本です。

今回が初めての実写化になります。

ピーターラビットの吹替声優は誰?

映画「ピーターラビット」の吹替声優は誰になるのでしょう。

このようにウサギが話す映画になります。


主人公のウサギ・ピーター(ジェームズ・コーデン)の声を担当するのは、

イケメン人気俳優の千葉雄大さんです。


(出典:毎日新聞)


尚、千葉さんは主題歌も挑戦しています。
(⇒千葉雄大の母親の関係が凄い?弟や父親についても調査!)
(⇒千葉雄大の性格は悪いし人見知り?あざといや頭いいという評判も調査!)
(⇒千葉雄大の仲良しの友達は?間宮正太郎や吉沢亮との関係は?)


その他の吹替声優さんはこのようになっています。

ビア:ローズ・バーン⇒渋谷はるか
トーマス・マグレガー:ドーナル・グリーソン⇒浅沼晋太郎
マグレガーさん:サム・ニール⇒糸博
フロプシー:マーゴット・ロビー⇒清水理沙
モプシー:エリザベス・デビッキ⇒木下紗華
カトンテール:デイジー・リドリー⇒下田レイ



スポンサーリンク

映画のピーターラビットに原作ファンの評判や評価は?

映画「ピーターラビット」は、原作のファンにはどのような評判や評価になっているのでしょうか。

原作のファンの意見が気になるところです。

原作のファンからは、原作を無視しているという意見も多いようです。

実際に映画が公開されてから、追記します。

ピーターラビットは面白い?つまらない?評判や評価は?

では、映画「ピーターラビット」が面白いのかつまらないのか?評判や評価を調査してみます。

まず試写会を見た方の意見。

まとめ

映画「ピーターラビット」は、2018年5月18日から公開されます。



スポンサーリンク