映画「モリーズゲーム」が2018年5月11日から公開されます。

アカデミー賞も脚色賞ノミネートされ、ゴールデングローブ賞も主演女優賞と脚本賞でノミネートされています。

批評家からとても評価されている映画ということで、

かなり見ごたえのある映画のようです。

内容は、オリンピック目前のアスリートが26歳でセレブだけの高額ポーカー経営者にという話。

ハリウッドに巻き起こった衝撃の実話ということです。


ここでは、モリーズゲームが面白いのか?つまらないのか?評判を調べました。

また、キャストやスタッフや原作についても調べています。



スポンサーリンク

モリーズゲームには原作はある?

モリーズゲームnumberいは、原作はあるのでしょうか。


モリー・ブルームが2014年に出版した自叙伝『Molly’s Game: From Hollywood’s Elite to Wall Street’s Billionaire Boys Club, My High-Stakes Adventure in the World of Underground Poker』

が原作となっています。


まだ日本語で読める本ではないようです。

英語が読める方は、読んでみてはいかがでしょうか。

モリーズゲームのキャストやスタッフは?

モリーズゲームのキャストや監督はどうなっているでしょう。

キャストはこのようになっています。


ジェシカ・チャステイン:モリー・ブルーム

サマンサ・イズラー:高校生の頃のモリー・ブルーム
パイパー・ハウエル:7歳の頃のモリー・ブルーム
イドリス・エルバ:チャーリー・ジャフィ、モリ―の弁護士。
ケビン・コスナー:ラリー・ブルーム、モリ―の父親。
マイケル・セラ:プレイヤーX
ブライアン・ダーシー・ジェームズ:ブラッド
クリス・オダウド:ダグラス・ダウニー
J・C・マッケンジー:ハリソン・ウェルストーン
ビル・キャンプ:ハーラン・シャープ
グラハム・グリーン:フォックスマン判事
ジェレミー・ストロング:ディーン・キース
マシュー・D・マテオ:ボビー
ジョー・キーリー:コール
ナタリー・クリル:ウィンストン
クレア・ランキン:シャーリーン・ブルーム、モリーの母親。
マディソン・マッキンリー:シェルビー
カーリッド・クライン:ニール
ヴィクター・サーファティ:ディエゴ
ジョン・バス:シェリー・ハビブ


監督ですが、アーロン・ソーキン監督です。

アーロン・ソーキン監督ですが、これまで映画監督はしてないようですね。

モリーズゲームが初監督作品になります。

この監督は、劇作家・脚本家・テレビプロデューサーの仕事をずっとされてた方のようです。

なんと、この作品は、モリー・ブルームのご指名があったとのこと。

監督の他に勿論、脚本も担当しています。

最初は乗り気でない仕事だったようです。



スポンサーリンク

モリーズゲームは面白い?つまらない?評判や評価は?

モリーズゲームは面白いのか?つまらないのか?評判や評価が気になるところです。

アメリカの批評家には、かなり評価の高い作品ですが、

日本人にはどうでしょう。

まず試写会での評判をご紹介します。

ということで試写会に行った人は面白いという意見が多かったです。

日本でも評判はいいようです。


また、公開されてから評判や評価を追記します。

まとめ

映画「モリーズゲーム」は、2018年5月11日から公開されます。



スポンサーリンク