映画のリズと青い鳥が2018年の4月21日から公開されます。

京都府宇治市を舞台に、吹奏楽へ青春をかける高校生たちの人間模様が描かれる映画です。

青春期特有の悩みを抱えながらも、吹奏楽コンクールの全国大会出場を目指して奮闘していきます。

ここでは、映画のリズと青い鳥がどんな映画なのか、

面白いのか?つまらないのか?評判や評価を調査してみました。



スポンサーリンク

リズと青い鳥は原作や監督は?

映画のリズと青い鳥は原作はあるのでしょうか。

武田綾乃さんの小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」が原作となっています。


この原作はアニメにもなっており、

京都アニメーション制作のテレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の完全新作劇場版になります。

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編/武田綾乃【1000円以上送料無料】

価格:680円
(2018/4/13 23:09時点)
感想(0件)

原作の作者の武田綾乃さんは、1992年生まれの26歳。

京都府宇治市出身。

同じ京都府出身である綿矢りさの『蹴りたい背中』を読んで小説家に憧れるようになったそうです。

上の画像が原作の武田綾乃さんと監督の山田尚子さんです。

左が監督のようです。

どちらもきれいな方ですね。


山田尚子さんは、1984年11月28日生まれの33歳。

やはり京都府の出身です。

ということで京都のコンビということになりますね。



スポンサーリンク

映画リズと青い鳥の主題歌は?

映画リズと青い鳥の主題歌もとても印象的ですね。

Homecomings「Songbirds」という曲です。

Homecomingsは、やはり京都府在住の女3人、男1人の4ピースバンドとなっています。

声優には本田望結も

声優はとくに京都出身にこだわっていないようですが、

フィギアスケートでタレントの本田望結ちゃんが声優で参加しています。

映画リズと青い鳥のストーリーは?

このような感じの映画です。

ストーリーはこのような感じです。

テレビアニメ第2期に登場した、鎧塚みぞれと傘木希美の2人の少女が織り成す物語を描く。北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美は、ともに3年生となり、最後となるコンクールを控えていた。コンクールの自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロパートがあったが、親友同士の2人の掛け合いはなぜかうまくかみ合わず……

リズと青い鳥の評判や評価は?

リズと青い鳥は面白いのか?つまらないのか?評判が気になりますね。

まだ公開していませんが、試写会での評判や評価です。

試写会での評判や評価をとてもよいです。

面白いという意見が多いですね。

まとめ

映画のリズと青い鳥は、2018年の4月21日から公開されます。



スポンサーリンク