囲碁の井山裕太さん。

将棋の羽生善治さんのような囲碁で凄い方です。

中学1年生でプロデビューして、なんと16歳で史上初の飛び級昇進を果たして20歳で名人を獲得。

2016年には囲碁界初のメジャータイトル七つを制覇し、一度六冠になりますが、再び七冠を達成しています。

この二度の七冠は、囲碁将棋界で史上初ということです。


(出典:産経ニュース)


そんな井山裕太さんですが、再婚について、現在の彼女について、父親や母親や祖父についても調べてみました。



スポンサーリンク

井山裕太は室田伊緒と離婚

井山裕太さんですが、一度、結婚されて離婚されています。

元妻ですが、室田伊緒さんという女流棋士の方です。


(出典:https://matome.naver.jp/)

2012年に結婚されましたが、お互いに忙しく、

すれ違いがあったため、離婚ということになりました。


井山裕太さんとしては、やはり家庭に入ってもらって、

はやく子供が欲しかったみたいですね。


室田伊緒さんとしては、まだ将棋を頑張りたかったみたいです。

ということ離婚になったようです。

離婚したのが2015年ですので、結婚生活は3年という短いものでした。

井山裕太は再婚はあるの?現在の彼女は?

では、井山裕太さんですが、その後は、彼女もできて、

再婚もあるのでしょうか?

気になるところです。


調べてみましたが、

その後、特に彼女の噂もないようです。

週刊誌にスクープされたということもないようですね。

ということで、まだ再婚の予定もないようです。



スポンサーリンク

井山裕太の父親や母親や祖父は?

父親ですが、お名前は井上裕さん。

職業は銀行員ということです。


井山裕太さんが囲碁のやるきっかけとなったのがこの父親です。

5歳の頃、父親が会社の先輩に勉強にいいと勧められ囲碁のゲームを買ってきたということです。

一人っ子でもあったので、一人で遊べるようにということもあったようですね。

すぐに上達し、6歳の時テレビの囲碁大会で5人抜きをし、

この番組の解説者だった石井邦生九段から指導をうけることになったようです。


この時、父親が囲碁のゲームでなく将棋のゲームを買ってきてたら、

将棋の世界に進んでたかもしれませんね。


次に井山裕太の母親ですが、名前は井山宏美さん。

小学校の養護教諭をされているようです。


次に祖父なんですが、囲碁経験者ということです。

アマチュアの6段だったということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

井山裕太さんは、政府が国民栄誉賞を授与する方向で検討してるくらい囲碁で凄い方のようです。

ここでは、井山裕太さんの再婚や彼女について、

父親、母親、祖父についても調べてみました。

井山裕太の元嫁の室田伊緒は再婚ある?現在の彼氏や離婚の理由も調査



スポンサーリンク