今年もバレンタインデーが近づいてきました。

今年ですが、話題になっていることがあります。

義理チョコです。


2018年2月1日の日本経済新聞にこのような新聞広告がありました。


(出典:https://youpouch.com/)

掲載されたのはゴディバジャパンという会社の広告です。

この会社は世界的なチョコレート会社です。

この広告に共感の声があがっています。



スポンサーリンク

義理チョコはいらない?

世の中の女性は義理チョコについてどう思っているでしょうか?

多くの方が面倒というという方が多いと思います。

SNSで女性の声はみてみましょう。

本当に多くの方が義理チョコは面倒。

いらないと思っているようです。

素手、小学生から義理チョコをあげなければ、風潮や雰囲気があったりして、

本当に大変だったという声が多いですね。


お金もかかりますし、作るのも面倒ですし、

本当にいらないと思います。

男性も義理チョコは迷惑でいらないと思っている?

女性も義理チョコは、いらないと思っている人が多いですが、

男性も義理チョコは、面倒だ、いらないと思っている人が多いようです。

男性としては、返すのが面倒だという意見が圧倒的に多いです。

また、貰っても嬉しくないし、

貰えないともっと悲しいので、

いっそのこと廃止してほしいという声もありました。

貰えってもうれしくないのに、プッシャーになってしまうのはかわいそうですね。



スポンサーリンク

義理チョコをあげないと査定に響く?

女性も男性も義理チョコは面倒でいらないと思っている人が大半のようですが、

ただ難しい面もあると思います。

学生の場合は、そこまで気を使わなくてもいいかもしれませんが、

社会人になると大変です。

査定に響くんじゃないか?という心配もありますよね?

上司がどう思っているかわかりません。

期待しているかもしれませんし、

あげないで職場の空気が悪くなっても困ります。

今年はあげないしやめるは無理?

上の新聞広告にはこのように書いています。

「バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです。気を使う、お金も使う、でも自分からはやめづらい、それが毎年もどかしい、というのです。」

「それはこの国の女性たちをずっと見てきた私たちゴディバも、肌で感じてきたこと。もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。」

いやいやな義理チョコ文化をやめて、バレンタインデーをもっと好きになってくれというチョコレート会社の広告ということなのですが、

この広告は日本経済新聞にのった広告です。

当然、女性が読むというより、中年以上の管理職の人が多くよんでいる新聞です。

ようするに女性に無理をさせないようにという、チョコレートをもらう側の男性陣に向けて訴えている広告ということです。


なので、どこの会社も、上司が義理チョコ文化をやめようという空気にしてくれないと、

いきなり今年、義理チョコをあげない、やめるというのもできない感じはしますね。

ただ、この広告は、義理チョコ文化について、世間が考えるきっかけになるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ゴディバジャパンの広告は、男女とわず共感を受けています。

最近は、年賀状も渡さない会社が増えていますよね。

年賀状の受け渡しを廃止している会社も多いです。

今後は、義理チョコもなくなる方向にいくといいですね。

鹿児島郷土料理(西郷どん)の味は?おすすめの店はどこ?通販でのお取り寄せ方法は?



スポンサーリンク