今年ももうすぐ終わってしまいます。

皆さん、今年はどんな1年でしたか?


今年も終わっちゃうのか~という寂しさもありますが、

新年になると新規一転、今年も頑張るぞーという気分になりますし、

なんといっても年が始まってすぐに箱根駅伝があります。

いまからワクワクされているかも多いかもしれません。


今回は、ブレイクしそうな1年生にスポット当ててみたいと思います。

ご紹介するのは、駒大の1年生の小原拓未選手。

この写真ですと、小原拓未選手は、正面からみて一番左側にいる選手ですね。

10月の出雲では1年生ですが5区を任せれた選手です。

今回の箱根でも一体、どのような走りを見せてくれるのか楽しみです。

ここでは、小原拓未選手のプロフィールや小学、中学、高校、といった出身校や彼女について調べてみました。



スポンサーリンク

小原拓未のプロフィール

生年月日:     1999年3月19日

出身地:      岩手県花巻市

大学:       駒澤大学

身長:       174㎝

体重:       56㎏

血液型:      A型

好きな食べ物:   焼肉

特技:       バスケットボール

家族:       両親と妹、弟

小原拓未の小学校はどこ?

小原拓未選手の小学校ですが、花巻市立土沢小学校です。

場所はこちら。

岩手県花巻市東和町土沢10-111

凄くのどかなところですね。

回りは木々が茂っていますが、

小原拓未選手の小学生の頃の愛称は、なんと「サル」ということです。

この愛称は大学時代まで続いて、この愛称は誉め言葉と思っていると、本人は語っています。


(出典:日刊スポーツ)

小学校時代からの愛称「サル」は、大学に入っても継続。「褒め言葉だと思っているので、気に入っています。箱根といったら山登り。憧れです。サルみたいに駆け上がりたい。最近は東京の街中に出没して話題になっていますけれど、ここにもいますよ~って、走りで伝えたい」

小原拓未の中学校はどこ?

小原拓未の中学ですが、花巻市立東和中学校です。

場所は岩手県花巻市東和町土沢5区20。

こちらもまた小学の時と同じような環境です。

幼少の頃から、遊び場は田畑や山だったようですが、

中学まで本当にいい環境でのびのびと成長できたみたいですね。



スポンサーリンク

小原拓未の高校はどこ?

小原拓未選手は、上のプロフィールのことろでも書きましたが、

出身は岩手の花巻です。

花巻の高校ですぐに思い出すのが、

プロ野球で活躍して、メジャーに行くことも決まった二刀流で有名な大谷翔平選手ですよね。

高校は花巻東というこころです。

駅伝も女子は強いらしいのですが、小原拓未選手はこちらの高校にはいかなかったようですね。

選んだ高校ですが、一関学院です。

こちらの高校の方が男子の駅伝が強いからということかもしれませんね。

場所は、岩手県一関市八幡町5番24号。

この一関学院ですが、スポーツがとても盛んな学校ということです。

野球部は、夏6回、春は2回も甲子園に出場しています。

女子バスケットボール部も全国選抜大会に9回出場していて、高校総体にも6回出場しています。

そして、勿論、陸上部も強く駅伝チームは全国大会に23年連続27回出場し、3回の全国入賞も果たしている駅伝の名門校といういうことですね。


近くには八幡神社という立派な神社があるみたいですね。

ここに参拝にいくなんてこともあったのかもしれません。


小原拓未選手は、この駅伝の名門校である一関学院で活躍し、

大学は駒大に進むことになります。

小原拓未の彼女は?

さて、気になるのは、小原拓未選手の彼女の情報です。

こちら調べてみましたが、よくわかりませんでした(^-^;


でもおそらく素敵な彼女さんがいらっしゃるのではないでしょうか。

高校時代からの彼女なんていうのもありそうな感じですよね。

あるいは、駅伝の練習でそれどころでは、ないかもしれません。


今回、箱根でアピールすれば、モテモテになっちゃうかもしれませんね。

箱根の坂道で、頑張って走っている姿は、とっても素敵に見えますので、

女性のファンも増えると思います。

まとめ

今回は、駒大の楽しみな1年生の小原拓未選手のプロフィールや

出身校などを調べました。

とてものどかな環境で育った選手で、どんな走りをみせてくれるのか楽しみですね。


箱根駅伝は、青学が現在、3連覇中。

2018年の箱根は、ぜひ小原拓未選手の力で駒大を勝利に導いて欲しいですね。

注目の選手です。

中島怜利のプロフィールは?出身校(高校、中学、小学)はどこ?彼女もチェック!



スポンサーリンク