『るろうに剣心』『武装錬金』などの作者の和月伸宏さんが書類送検されてしまいました。

読売新聞などが報道し、驚きの声があがっています。

事件についてここでは詳しくは書きませんが、長年、作品を愛し続けたファンにとっては残念でしかたありませんね。

るろうに剣心 全14巻セット 明治剣客浪漫譚 [ 和月伸宏 ]

価格:10,372円
(2017/11/22 04:13時点)
感想(4件)


この事件での影響ですが、

ジャンプスクエアで連載している『るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編ー』が、12月4日発売号より当面の間休載することになってしまいました。

また、映画の方も来年、第4作の制作を控えていましたが、吹き飛んでしまう可能性も出てきましたね。



ここでは今後、どうなるか。

連載の再開時期なども調査してみます。



スポンサーリンク

決して重い罪ではないが。。。

よく事件などがおきると、「逮捕」という言葉を聞くと思いますが、

今回は「書類送検」ということになっています。


詳しい違いについて、こちらでは書きませんが、比較的軽い事件の時は、この書類送検になる場合が多いです。


今回の和月伸宏に関しては、実際の人物に手を出したわけでもなく、

ただ所持をしていただけですので、単純に知識不足といいますか、うっかりしていたというだけかもしれません。

なのでおそらく不起訴などになる可能性が高く、最悪、罰金刑くらいでしょうか。

作品の販売中止やアニメなどの配信中止なども、おそらくないと思います。


しかし、このような奧さんもいる人気作家が、恥ずかしい変態的な趣味をもっていたのかという衝撃の方が大きいですね。

世間の声は?

さて肝心の世間の声はどうなているでしょう。

ヤフコメの意見を調べました。


※このブログに乗せられない言葉は、〇〇にしています。

実際、〇〇とかに手を出しとかでないなら
そう休載も長くないかなぁ、と思うけど
奥さん、どこまで知ってたのかなぁ

まあ、しまぶーだってあんな事やらかしても戻って来れたわけだし何年か後に
・・・
いや、普通の神経の持ち主なら恥ずかしくて戻って来れないよなw

るろ剣好きだが
しばらくは活動はできないな
今の御時世〇〇〇に実際に手出したらもう
終了だが 単純所持だからな

トリコの作者も過去に〇〇に手を出して
長い間漫画のアニメ化とかできなかったし

まずどっかの〇〇〇販売業者が摘発されて、そこの顧客情報から芋づる式に作者のとこまでたどり着いたって話。

SQは少年ジャンプよりターゲット年齢層高めだし、しまぶーみたいに実際に手を出したわけではなく単純所持の書類送検でせいぜい罰金刑ぐらいだろうし復帰の目は十分あると思うけどね。

一番の問題は夫婦関係ではないかと。

だいたいこの辺が世間の標準的な感想のようですね。

そんなに大した事件じゃないけど、復帰もできるだろうけど、

恥ずかしい!

という感じでしょうか。

再開の時期はいつ?

さて、世間の声でもあがっていましたが、『世紀末リーダー伝たけし!』の島袋光年さんもは、和月伸宏さんより重い事件を起こしています。

懲役2年・執行猶予4年の判決までうけていますね。


その時、連載していた『世紀末リーダー伝たけし!』は、打ち切りになり、たけしのコミックスも絶版となっていましたが、

2年後、新しく『RING』連載を開始し、たけしのコミックスも復活しています。

また、打ち切りになっていたたけしも、『スーパージャンプ』にて『世紀末リーダー伝たけし! 完結編』といて完結させています。


島袋さんでもこんな感じですから、和月さんの連載の再開はもっと早いと思います。



スポンサーリンク